この手法について

インテグレーション・テクニック©︎

受容 - 理解 - 変容 - 気付き

このテクニックは、私の30年に及ぶ自分自身への働きかけ、スピリチュアルな手法、ヒーリング、心理学、哲学、クライアントへのセラピー、働きかけの結果、生まれました。

たましいとしての意識または超意識と、潜在意識、物理的な身体、日常生活を統合(一致、調和)するという哲学に基づいています。スピリットと身体の統合と言ってもいいかもしれません。私たちが内に持っている5つの身体の層:肉体、エネルギー体、精神体、英知体、歓喜体、このすべてに統合、および癒しが起こるのです。

それにより自分という存在の拡張、気付きへと導かれます。感情、思考、習慣、傾向、トラウマ、様々な行動や態度のパターン、自分自身に対して、または過去現在ともに人生に起こる好ましくないと思うことすべてについて、受け入れ、変容していくことが基本の方法です。 拒絶したり、否定したり、抑え込む代わりに、受け入れ、より高い意識、そしてすでに私たちが持っている資質に変容させることで、自分自身が認識できるようになるのです。すべてのことが歓迎と親密さを持って受け入れられる必要があります。

すべてのことが私たちを成長させてくれるものであり、避けるべきではありません。インテグレーション・テクニックでは視覚化と直観力を使います。また私たちの肉体が持つ英知、内なる身体の層と、最高次の意識を使い、自分自身で癒しを起こし、自然な成長、意識の進化をもたらします。感情的なブロック(恐れ、後悔、罪悪感、トラウマ、不満、苦痛など)や不安、落ち込みなどの症状をクリアにするシンプルな方法を提供します。

これらすべての感情や症状は、私たちに何かを伝えるために、私たちが気付き理解する必要のある大切なことがあるからこそ、そこに存在しているのです。なぜ私たちは自分自身や世界を受け入れないのでしょう?なぜ自分や他者をジャッジするのでしょう? それはただ無知なだけ、あるいはより高い視点で見ていないだけなのです。本当に起こっていることが何かを理解していないだけなのです。人生で起こっている出来事について、新しい視点を誰かにもたらした時、その人は自分自身の物の見方を変え、苦しみから脱却することができるでしょう。人生に別の選択肢があると気づいた時、別の選択が可能だとわかった時、自分自身や人生、他者を完全に受け入れた時、私たちは何も不足していない、欠いているものなどないと自覚した時、苦しみから脱却できるものです。苦しむことが意味すること、それは愛、神との分離です。

私たちが人生で感情的また霊的に達成したいこと、それはすでに私たちの細胞のひとつひとつに統合されており、私たちはそれをただ思い出す必要があるのです。もちろん、私たちは創造のエネルギーであり、神であり、意識にすべての過程で導かれています。

人生における癒しと願望実現はさらに速く、効率的になってきています。自らの成長をサポートするための願望実現の方法、また、たましいからマニフェストする方法(どのように自分のたましいの願いを実現するか)を学んでいきます。これは速く成長をしていく方法であり、特別な訓練や、人生の何かを犠牲にすることは必要ありません。自分の持つすべての可能性に気付くこと、自分のたましいやハイヤーセルフ(自分自身の高次の側面)、神聖さ、自らの最高次の真実と繋がることを、インテグレーション・テクニックは私たちに促してくれます。また、このテクニックを通し、自分のたましいや神聖さがそういった資質をすでに持っていることを自覚し、日常生活、また自分自身を神聖な存在と捉え、より高次の目的と意味を持って人生を生きることができるようになるでしょう。

つまり、愛と喜びと共に人生を生きるためのスピリチュアルな知識はすべて、すでに私たちの内にあるということです。最高の自分になることも、思考、感情、言葉、行動が一致した状態で人生を生きることも、ハート、マインド、たましい、自我が共に成長していくことも、そのすべてを同様に愛することも、意識、光、平和の内に高い波動で生きることも、すべてが可能で、それに必要なものはすでに私たちの内に備わっているのです。

X
X